5.19日曜日

休診日

開院時間
8:30-12:30
13:00-18:00
診療時間
8:30
- 9:30
検査 検査 検査 検査 検査
9:30
- 12:30
診察検査 診察検査 診察検査 診察検査 診察検査
13:00
- 16:00
検査 検査 検査 検査 検査
16:00
- 18:00
診察 診察 診察 診察

Diseases 疾患について

上部消化器の疾患について 急性胃粘膜病変(AGML)

急性胃粘膜病変(Acute gastric mucosal lesion:AGML)について

急性胃粘膜病変(Acute gastric mucosal lesion:AGML)は、様々な原因で胃粘膜が急激に傷害され、急性胃炎(浮腫、びらん、出血など)が起こったり、潰瘍ができたりします。

原因について

ストレス、アルコールやコーヒー、非ステロイド性抗炎症薬や低用量アスピリン、抗がん剤などの薬剤、放射線などの医療行為、寄生虫、細菌、ピロリ菌などの感染症、アレルギー、術後、全身疾患に伴うものなどが原因としてあります。

ストレス刺激が加わると脳から胃酸の分泌を促す信号が送られ、胃の運動を盛んにします。

さらに、胃粘膜の血流や粘膜保護作用が減少し、粘膜が傷害されると考えられています。

AGMLの検査

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で診断します。

AGMLの治療

原因を除去することが治療になります。多くの場合、胃酸の分泌を抑えるための薬(酸分泌抑制剤)や、胃の粘膜を保護する薬(胃粘膜防御因子増強剤など)などを併用します。

早期発見・早期治療のために、検査・健診へ是非お越しください。

当院では、早期発見・早期治療の重要性を認識し、検査・健診を推奨しています。
特に内視鏡検査は、病気の早期発見や正確な診断に不可欠な手法です。
皆様が快適で健康的な日常生活を送ることができるよう、その手助けができればと考えています。

TEL WEB予約 WEB診療 オンライン
診療