3.1金曜日

診療日

開院時間
8:30-12:30
13:00-18:00
診療時間
8:30
- 9:30
検査 検査 検査 検査 検査
9:30
- 12:30
診察検査 診察検査 診察検査 診察検査 診察検査
13:00
- 16:00
検査 検査 検査 検査 検査
16:00
- 18:00
診察 診察 診察 診察

Gastrointestinal Endoscopy 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査について大腸カメラ

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は、大腸(結腸と直腸)の内部を観察する事が可能です。
内視鏡という柔軟な管状の検査器具を利用し、肛門から挿入して大腸の内部を直接視覚的に確認します。内部の映像をリアルタイムでモニターで確認することで、必要に応じて生検(組織の一部を採取して病理検査を行うこと)やポリープの摘出などの治療的な処置を行います。

大腸内視鏡検査は、大腸の異常や病変の早期に発見、特定する事に役立ち、大腸ポリープや腫瘍の検出、炎症や潰瘍の有無の確認、出血の原因の特定をはじめ、スクリーニングや予防目的として、大腸内視鏡検査は大腸がんの早期発見を目指します。

どうして大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けたほうがいいの?
01Point
腹痛や血便などの
原因がわかります

腹痛や血便の原因は様々です。内視鏡検査にて症状の原因を確定することが可能です。

02Point
小さな病変を発見
できます

症状のない微小な大腸ポリープやがんを発見することができます。

03Point
詳細が分かり
診断の確定ができます

粘膜の表面だけを可視化する波長に切り替えて、病変の拡大観察を行うことで良悪性を判断できます。病理検査を行い、診断を確定できます。

04Point
検査と同時
大腸ポリープを切除

大腸ポリープがある場合、検査と同時にポリープの切除が可能です。

05Point
ポリープやがん以外の
病気も診断できます

潰瘍性大腸炎、クローン病といった炎症性腸疾患、腸管感染症、憩室関連疾患、リンパ増殖性疾患なども診断可能です。

当院の内視鏡専門医による 大腸内視鏡検査の特長

不安負担を取り除き
安心安全に検査を受けられる体制を
整えています。

クリニックの検査体制Inspection System

Point01
設備環境

内視鏡スコープとシステムについて

オリンパス社の高精細な観察が可能な内視鏡システムを導入しています。
腹部手術歴など腸の癒着が予想される方には細径内視鏡を使用し、疼痛の軽減につとめています。

高精細内視鏡スコープの特長
NBI
通常光
NBI+拡大観察
クリスタルバイオレット+拡大観察
細径スコープでNBI拡大観察が可能

先端部はφ11.7mm。ハイビジョン対応の高画質で、拡大倍率110倍*の光学ズーム機能を搭載。微細な血管や粘膜の表層模様までリアルに再現します。明るくなったNBIとの組み合わせにより、さらに詳細な観察・診断サポートします。*OEV262H使用時

ワイドアングル

170°の広視野角を実現。広範囲を観察できるので、粘膜に隠れた病変部の発見に威力を発揮します。

RIT(Responsive Insertion Technology)

オリンパス独自の3つの技術「受動湾曲」「高伝達挿入部」「硬度可変」を搭載。
挿入性の向上と苦痛低減をサポートします。

受動湾曲
S状結腸、脾湾曲などの屈曲部のスムーズな通過をサポートします。
高伝達挿入部
手元側の押し引き、 トルクがスコープ先端部まで伝わりやすい設計です。
硬度可変
手元の調整リングを回すことで、術者の好みに合わせて挿入部の硬度を変えられる機能です。
Point02
安全性

検査中はバイタルサインを常にチェック

安全への取組として、内視鏡検査中はベッドサイドモニターでバイタルサインをチェックしています。

患者様の様子を伺いながら、バイタルサインを常にチェックし、鎮静剤の投与量や投与タイミングを調整・コントールしていますので、安心して検査をお受けいただけます。

検査後はリカバリー室でしっかり休める体制に

検査後は目がしっかり覚めるまでリカバリー室で休んでいただくことが可能です。
常に看護師がいる環境ですので、ご不安ごとなどがあればいつでもお尋ねください。

Point03
負担軽減

鎮静剤・二酸化炭素送気を使用した大腸カメラ検査

検査に不安がある方には、鎮静剤を使用した大腸カメラ検査を実施しています。
ウトウトと眠っている間に終了するため、安心して検査を受けていただけます。

また、二酸化炭素送気システムを導入しています。内視鏡検査の際は詳細な観察を行うために、十分に消化管を伸展させて観察する必要があります。
二酸化炭素は空気とくらべ体内から吸収される時間が極めて短いため、検査後の腹部膨満、不快感が軽減されます。

Point04
利便性

胃内視鏡と大腸内視鏡検査を同時に受けられる

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)と同日に胃カメラを受けていただくことが可能です。
腸管洗浄剤を内服していただき腸の洗浄が完了した後に胃・大腸カメラを行います。

腸管洗浄剤の内服が苦手な方は、午前中に胃カメラを行い、観察終了後に内視鏡から洗浄剤を注入することも行なっています。詳しくはご相談ください。

Point05
衛生管理

日本消化器内視鏡学会ガイドラインを遵守した
徹底した内視鏡洗浄・消毒

当クリニックでは、一般社団法人日本内視鏡学会「消化器内視鏡の洗浄・消毒標準化にむけたガイドライン」を遵守した消毒を実施しています。

部品を外して細かく洗浄したり周辺機器まで徹底して清潔に保つこと、内視鏡自動洗浄消毒機の利用や、高水準消毒薬(過酢酸)の使用、使い捨ての製品を用いた洗浄などを実施し、全ての患者様に安心して検査を受けていただけるように、徹底した衛生管理・消毒を行っています。

Point06
早期治療

検査で発見した大腸ポリープの切除も可能

検査中に大腸ポリープを認めた場合、検査同日にその場ですぐ切除することが可能です。
日帰りで検査と共に処置を行うことで発見から早期に対応できるため、忙しい方にこそ受けていただきたい検査です。

切除したポリープはすべて回収し、病理検査に提出します。担がんしている場合もありますので、
病理結果を確認し、追加治療の必要性も判断します。

Point07
快適性

完全個室の前処置室でプライバシーに配慮

検査当日の前処置は、それぞれリラックスしていただけるように5部屋の個室をご用意しています。
プライバシーを確保した完全個室で、ストレスレスチェア、テレビ、広々としたトイレを完備。大腸内視鏡検査を行うには、大腸の状態をきれいにするために下剤を飲む必要がありますが、より落ち着いた雰囲気のリラックス出来る空間でお過ごしいただけるように配慮しています。

大腸内視鏡検査の流れFlow

Step01
ご予約

電話から検査日時を予約が可能です。(大腸内視鏡検査(大腸カメラ)はお電話からのみご予約可能です。)
相談したい症状やこれまでの病歴などがある方は、内視鏡検査の前に一度診察のために来院されることをおすすめします。

予約制
ご予約・お問い合わせ 089-977-7149
診察・検査の予約
受付時間
8:30 ~ 18:00
Step02
事前診察

現在の症状やこれまでの病歴などお話をお伺いします。その後検査の日時を決定し、検査の予約をお取りします。
緊急性が高い場合は当日検査を行うこともあります。
診察時にお持ちいただくものは以下の通りです。

診察時に
お持ちいただく
もの一覧
  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容が分かるもの
  • 「検診や人間ドックでひっかかった」という方はその検査結果一式
Step03
検査前日

事前診察の際にお渡しした説明用紙をよく読んで、夕食の時間などに留意ください。
排便状況により、下剤を変えることがあります。説明通り決まった時間に下剤を内服して下さい。

検査前日の注意事項
  • 01

    消化の良いものをお召し上がりください。

  • 02

    医師の指示がない場合は、お薬はいつも通りお飲みください。

  • 03

    21時(夜9時)までに夕食を済ませてください。

  • 04

    21時(夜9時)に錠剤の下剤3錠を一度にお飲みください。

  • 05

    前日、水分は水またはお茶を多めにとってください。

食べていいもの

食べてはいけないもの

※食物繊維の多いスループット食材(野菜類、きのこ類、海藻類、果物類の種胡麻、ナッツ類など)は、
消化されずに大腸まで達する食品成分ですので食べないようにしてください。

便秘の方や、前回の検査で野菜や種が残っていた方は、検査の3日前から食べてはいけないものをお控えください。

Step04
検査当日検査前

病院で下剤内服の場合

朝9時30分に来院していただき、専用の個室で腸管洗浄剤(腸の中身を洗い流すお薬)を飲んでもらいます。3〜4時間ぐらいかけて腸の洗浄を行い、腸の中がきれいに洗浄されたら検査を受けていただきます。

個室にはリクライニングチェア、TV、トイレが備え付けてあり、ご自分の本、雑誌、PC(Wi-Fi完備)等をお持込みいただくこともできます。

自宅で下剤内服の場合

ご自宅で腸管洗浄剤を服用することも可能です

  • お住まいが近くの方、検査経験のある方は検査当日の腸管洗浄剤もご自宅で服用していただくことができます。
  • 検査当日に病院より電話をさせていただき、前処置や検査の状況に応じて来院時間をお知らせします。
  • 来院時点で便が透明になっていない場合は、追加で洗浄剤を服用していただく場合があります。

便が透明になり大腸の準備ができたら、検査の前に専用の検査着に着替えていただきます。
※診療の状況次第で予約時間通りに検査が開始できないこともあります、ご了承ください。

サルプレップ®配合内用液 服用方法
検査当日に服用する場合 (1杯2杯法)

医師・看護師・薬剤師等から指示された方法である事を確認の上、ご覧ください。

より詳しい説明はこちら

Step05
検査当日検 査

血圧や脈拍などを確認した後に検査を開始します。
希望があれば鎮静剤を使用し、半分眠ったような状態で検査を行うことも可能です。検査時間は15分前後となります。
大腸ポリープ切除のご希望があればその場で切除することもできます。

ポリープ切除
可能とする条件
  • ポリープ条件内視鏡観察で切除可能と判断されるポリープ

    ※サイズや形態から一括切除が困難と判断される場合、切除困難な場所にある場合などは、切除できない場合があります。

  • 受診者条件 出血傾向の認められない受診者

    切除後1週間以内に飲酒、スポーツ、温泉入浴、旅行、出張などの予定がない受診者

  • その他

    担当術者の判断で安全な切除が不可能と判断された場合は行いません。

Step06
検査当日終了後

鎮静剤を使用した方は、安全のために鎮静剤の効果がなくなるまでベッドでお休みいただきます。
常に看護師がいる環境ですので、ご不安ごとなどがあればいつでもお尋ねください。

Step07
検査結果
ご説明

検査の結果を、モニターを見ながら内視鏡専門医よりご説明します。
※生検検査やポリープ切除を行った場合、結果は後日の説明となります。

引き続きの治療や経過観察が必要な場合は、以降の方針等についても相談しながら丁寧にご案内・ご説明していきます。

費用・ご予約についてCost and Reservation

費用について


1割負担2割負担3割負担
生検・組織検査なし
(観察のみ)
約2,000円約4,000円約6,000円
生検・組織検査あり約3,000〜6,000円約8,000〜12,000円約10,00〜17,000円
ポリープ切除手術・
組織検査あり
約9,300〜12,800円約18,600〜25,000円約29,000〜39,000円

ご予約について

お電話でのご予約・お問い合わせ 089-977-7149
診察・検査の予約
受付時間
8:30 ~ 18:00
24時間受付WEB予約
2か月先~前日までのご予約が可能です。
TEL WEB予約 WEB診療 オンライン
診療