ネット受付はこちら
ネット受付はこちら

無呼吸をなおしませんか

無呼吸をなおしませんか

お知らせ

当院でも無呼吸の簡易検査、治療を開始しました。

睡眠時無呼吸症候群は、就寝中に無呼吸が一晩に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば診断されます。睡眠時無呼吸症候群の方が自覚しやすい症状としては夜間の頻尿や起床時の頭痛、日中の集中力・記銘力の低下などがあります。また、睡眠時無呼吸症候群は高血圧や心臓病、脳卒中、糖尿病との関連があることもわかっています。

たかが「いびき」とはあなどれません。

ご自身の自覚症状やご家族の指摘などから無呼吸のことが気になりましたら、ご相談ください。

なお、無呼吸の検査は自宅で普段通りに寝ながら受けていただけます。