求人情報はこちら
ネット受付はこちら

クローン病、潰瘍性大腸炎

クローン病(炎症性腸疾患)について

クローン病

国の定める指定難病です。潰瘍性大腸炎とならび、炎症性腸疾患の一つとして知られています。10~20代の若い方によく見られ、男女比は2:1で男性の方がかかりやすい病気です。日本では年々増加傾向であり、これには食事の欧米化による動物性脂肪増加などが原因として考えられています。

クローン病の症状

腹痛(好発部位である回盲部に一致した右下腹部痛が多い)、下痢、発熱、血便、急な体重減少、貧血、肛門症状(痛みや膿がでる)などの症状を伴います。多くの患者さんには繰り返す腹痛、下痢を認めます。また、肛門病変はクローン病に特徴的であり、肛門病変を契機にクローン病の診断がつくことも多くあります。口腔内、食道、胃、小腸、大腸など、消化管のいたるところに慢性的な炎症をきたす可能性があり、さらに増悪すると瘻孔(皮膚と腸管、腸管と腸管の間などに通り道が出来ること)や狭窄といった合併症も起こします。狭窄が強くなると腸閉塞を起こすこともあります。炎症の起こった範囲により小腸型、小腸大腸型、大腸型に分類されます。

クローン病の病因

はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、遺伝的な要因や環境要因、腸内細菌叢の変化などが複雑に絡み合い、異常な免疫応答を引き起こした結果、消化管の炎症が起こると考えられています。なかでも、自然免疫系の異常がクローン病発症に深く関わっていることが示唆されています。環境因子としては、衛生環境や食生活、喫煙などの影響も指摘されています。

クローン病の検査

クローン病が疑われる患者さんには検査を行います。治療により寛解期(症状、炎症ともにおさまっている状態)に入っている患者さんでも、症状だけではなく検査による評価を必要とするため、定期的に検査を行っていきます。検査の特性上、詳細に評価できることとできないことがあるため、数種類の検査を組み合わせて評価することもあります。
血液検査では、貧血や炎症の程度を調べます。大腸内視鏡検査では、クローン病における特徴的な所見(縦に長い縦走潰瘍や石を敷き詰めたような敷石状外観など)が認められるかどうかを確認します。また、病変範囲を特定するために、小腸X線検査や上部消化管内視鏡検査もあわせて行います。この他、腹部造影CT検査や超音波検査などを用いて全身の精密検査を行うことで、腸管の腫れや炎症の程度を調べることができます。

クローン病の治療

クローン病の治療には、栄養療法や薬物療法などの内科的治療と外科的治療 (手術) があります。治療の目的は腸管の症状や炎症が改善した状態(寛解)を目指し、その状態を継続していくことです。栄養療法は食事制限し、脂肪を制限した栄養剤を服用することで腸管への負担や刺激を軽減することです。また薬物療法は腸管炎症を抑制する薬物(5-アミノサリチルサン製剤、ステロイド、免疫調整剤、生物学的製剤など)を使用することで症状を改善させます。内科的治療を行っても症状が改善しない場合や腸閉塞を起こした場合、潰瘍からの出血がコントロールできない場合は、腸管切除術や狭窄形成術などが行われます。また肛門周囲膿瘍や痔瘻に対して、切開排膿やチューブを挿入することもあります。病変の部位や炎症の程度、合併症の有無などに応じて、薬物療法、栄養療法を組み合わせ、また必要であれば手術による治療が選択されます。そのほか、喫煙はクローン病の発病や再燃に関わっていることが分かっていますので、禁煙指導を行います。

炎症性腸疾患は医療費助成制度の対象となる「指定難病」の一つです.助成は,難病指定医によって炎症性腸疾患の診断を受けた患者さんのうち,一定以上の重症度である,あるいは軽症であっても一定以上の高額な医療を受ける必要がある方が対象となります.対象となる患者さんは,炎症性腸疾患に関連した治療や診療を受けた場合に医療費の助成を受けることができます.臨床個人調査票を指定医療機関の難病指定医に記入してもらい,必要書類をそろえて各市区町村の保健所等の窓口に申請します.承認を得た場合には,申請日から受給者証交付までの期間の医療費についても遡って還付を受けることができます。

潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は,日本において急激に増加してきており,2013年の段階で約17万人患者さんがいます。20代から30代の若年者に好発する病気で、発症年齢のピークは男性が20〜24歳、女性が25〜29歳といわれています。しかし、小児や50歳以上でもみられるなど、幅広い年齢層で発症する可能性があります。潰瘍性大腸炎に性差はありません。

潰瘍性大腸炎の症状

血便、粘液便、下痢(残便感も出現し、排便回数も増えます)、腹痛、発熱などの症状がでます。これらの症状がおさまったり(寛解)、ぶり返したり(再燃)を繰り返します。進行すると、腹部の激痛、体重減少、発熱、頻脈といった全身症状も現れます。クローン病と違い瘻孔や狭窄、肛門病変は認めません。潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に潰瘍やびらんなどの慢性的な炎症が起こる病気ですが、炎症の広がりによって直腸炎型、左側大腸炎型、全大腸炎型、区域性大腸炎などに分けられ、炎症の程度により症状も異なります。炎症を長期にわたって放置していると、大腸がんの原因となることもあります。

潰瘍性大腸炎の病因

潰瘍性大腸炎の原因はまだはっきりしたことは解明されていません。消化管の炎症は、遺伝的要因や環境要因などが複雑に絡み合い、異常な免疫応答を引き起こした結果として起こると考えられています。遺伝的な要因としては主に免疫応答や腸のバリア機構に関連する遺伝子多型がみつかっています。また、衛生環境や食生活といった環境因子との因果関係も強く示唆されており、衛生環境が改善され、欧米の食生活を取り入れるようになって以降、日本でも患者数が増加傾向にあるといわれています。

潰瘍性大腸炎の検査

潰瘍性大腸炎が疑われる患者さんには血液検査、内視鏡検査(大腸カメラ)などを行います。治療により寛解期となっている患者さんでも症状だけではなく検査による評価を必要とするため定期的に検査を行っています。潰瘍性大腸炎と診断がついた患者さんは治療を行い、治療後の評価を行うために検査を再度行うこともあります。下痢や血便,腹痛や発熱などといった臨床症状から、活動期あるいは寛解期にあるのか,活動期であれば重症度がどの程度なのかといったことを推測することは可能です。しかし,これらの症状と実際の潰瘍性大腸炎の状態が乖離している場合もあるため,血液検査や大腸内視鏡検査,便検査を組み合わせて総合的に病気の状態や治療方針を決定します。また,血液検査は薬剤の効果や副作用をチェックする目的でも行います。

潰瘍性大腸炎の治療

潰瘍性大腸炎の治療には、5-アミノサリチル酸製剤、ステロイド、免疫調整剤、生物学的製剤などの薬物があります。それらを組み合わせて治療を行い、腸管の炎症をとり、腹痛、血便などの症状を改善し(寛解導入)、それを維持する(寛解維持)ことを目指します。内科治療で病状がうまくコントロールできない場合には外科的手術による大腸全摘が必要となることもあります。